まず参加者の確認が大切

06.17

コメントは受け付けていません。

31-09

これでは予算が確定できず思っていたよりも高額になってしまう可能性もあります。会場となるお店が決まったら料理の予約です。

もし幹事になった時には参加者数は堅固と確認しておきましょう。なかには人数が減ったのにかかわらず料理をキャンセルできずに参加できなくなった人からもお金を出してもらわなくてはならないこともあるのです。

コースを選ぶ際にもやはり参加者数が大切になってきます。お店によっては人数の変更は何日前までなど決まっているところもあります。

料理の数や量など人数によって頼むコースも変わってきます。とりあえず席だけ予約をして当日それぞれが好きなものを注文するという方法もあります。

やはり予算を確定させるためにも宴会用のコースなどを選ぶほうが感じが好いでしょう。このように飲み会をする上で参加者数というのはとても大切なポイントとなるのです。

飲み会の会場となるお店を選ぶためには参加者の数を確認しておく必要があります。少人数の仲間内での飲み会ならそれでもいいかもしれませんが、通常の飲み会の場合にはあまりお勧めできません。

人数によって個室を予約した方が好いのか、もしくはお店自体を貸切にしてしまう方がいいのか大きく変わってきます。当日多少の増減はあるにせよ大まかな人数をお店に伝える必要もあります。

食材を無駄にしないためにも料理の量が足りないことのないように人数が重要になってくるのです。飲み会の幹事に選ばれたらまず参加者の確認が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る